3 R.H.ブライスの禅

 

Zen is essence of Christianity, of Buddhism, of culture, of all that is good in daily life of ordinary people. All beauty, all music, all religion, all poetry, is dancing of the mind. Without this dancing of the spirit, there is no true Zen.

f:id:Balance1950:20171028065051j:plain



 禅は詩 詩は禅


川柳は一種の悟りであるから 詩である。
禅はキリスト教のエッセンスであり
仏教のエッセンスであり 文学のエッセンスである。


             ブライス

 ブライスは「禅は詩、詩は禅」と繰り返すが、詩が宗教であるとは、ただちには言い難い。竹村牧男によれば「宗教は平常底であると同時に、常に詩である。」
良寛の詩は寒山詩の領域にある。

  形見とて 何かのこさむ
    春は花 山ほととぎす 
     秋のもみじ葉      良寛

春は花 夏ほととぎす 秋は月
   冬雪さえて すずしかりけり
                 道元

自性は能く万法を含む
                 慧能



(2)  ブライスも、その師 鈴木大拙も仏基一如の説である。仏教とキリスト教は本質において等しい、とする考え方はユニーク(超少数派)か?

 キリスト教文学の遠藤周作はその著書「深い河」で、主人公大津神父に
「玉ねぎがヨーロッパの基督教だけでなく、ヒンズー教のなかにも、仏教のなかにも生きておられると思う・・(講談社1993年版296頁)」と言わせている。大津は「神」とか「主」という日本語はさけ、「玉ねぎ」と表現する。玉ねぎとは、無限の優しさと愛のかたまりであるとする。ガンジス河は玉ねぎという愛の河であり、そこでは、それぞれの人がそれぞれの人がそれぞれのツラさを背負って祈っている、というのが「深い河」のモチーフ、というのが家守の説。

 

What is Blyth ZEN ?
Zen means doing anything perfectly, making mistakes perfectly, being defeated perfectly, ・・・
Reginald Horace Blyth said at the beginning of the chapter 'Culture and Zen' in his Twenty-One Zen Essays, published by the Hokuseido Press in 1962.
What is Zen? Zen originated in India, developed in China together with Taoism, and came to Japan as sort of third-hand thing, something which the Japanese themselves did not create. Yet it is Zen in Japan that is Zen at its best, at its most living, most human, and above all, most poetical. according to Blyth, Zen means doing anything perfectly, making mistakes perfectly, being defeated perfectly, hesitating perfectly, having stomachache perfectly, doing anything, perfectly or imperfectly, PERFECTLY.

 共生としてのブライス禅 修行としての川柳

生きるために詠む
荒井良雄

学びまとめて詠む
暮らしを詠む
家守

Senryu indeed are themselves a way of life.
The world is tragic, the world is comic, - not alternately, but simultaneously; and senryu had tried to see the world as serious and humorous at one and the same time, and always, whatever the circumstances may be.
H.Blyth

歌よみは 下手こそ良けれ
天地の
動き出しては たまるものかは
(長屋規則第1条)

A writer of poetry
Had better be unskilful:
It would be a terrible thing
If Haven and Earth
Began to move.