27 R.H.Blyth Oriental Humour

ブライス研究 速報

新着の小川図書「英語・英文学 洋書目録」第84号 

2018年6月

神田神保町2−7 (北原書店隣)

 

2144 レジナルド H ブライス 「英訳 川柳」 ¥19,440

2145 同上 ¥ 21,600

2146  レジナルド H ブライス 「オリエンタル・ヒューマー」¥ 8,640

 

10年ほど前は ブライスの川柳本 神田古本屋街でも皆無。北原書店のオヤジさんが「ブライスの川柳の本? 出たら30万円」と言っていました。ブライスの次女の方の逝去で大磯ブライス邸蔵書整理。その頃から入手可能となりました。高価な方は吉田茂が出版費を密かに援助した と言われる豪華本(←当時の日本としては)で図版が多いです。大学の図書館にあるブライス本の多くは図版を抜き 活字ぎっしりのペーパーバック版。川柳の世界をゆっくり楽しむには豪華版がオススメです。

 

 

f:id:Balance1950:20171030073801j:plain

Oriental Humour  by R.H.Blyth

Yanagidaru Book 1

すてる芸 はじめる芸にうらやまれ

The thrower-away of an accomplishment

  Is envied.

By the beginner of an accomplishment.

 

人の物ただ遣るにさへ上手下手

Even in just giving things to people,

  There's a clever way,

And a clumsy way of doing it.

 

大勢の火鉢をくぐる禿の手

The hand of kamuro

 Makes its way through many 

At the brazier.

 

Many people were sitting around a big brazier at the Yoshiwara, talking and laughing. As there so many hands over the fire, it seemed there was no more space for any hand. But the little kamuro ran to the brazier and her little hand got so skilfully through the other hands, and warmed it like the others. Here again we see something of charm, that is, of value in odious surroundings and the person of a budding prostitute.